新葡萄京娱乐场

花哭花瓣飞,与您在那最终的夏日

四月 22nd, 2019  |  www.041.net

secret base ~君がくれたもの~

与您在那最后的清夏

君(きみ)と夏(なつ)の终(お)わり将来(しょうらい)の梦(ゆめ)
ki mi to na tsu no o wa ri sho u ra i no yu me
随意与您共度的夏季 以后的梦
大(おお)きな希望(きぼう) 忘(わす)れない
o o ki na ki bo u wa su re na i
依旧巨大的企盼 笔者决不忘怀
10年后(じゅうねんご)の8月(はちげつ) また出会(であ)えるのを
信(しん)じて
ju u ne n go no ha chi ge tsu ma ta de a e ru no wo shi n ji te
信任十年后的九月 我们还是可以够遇上互动
最高(さいこう)の思(おも)い出(で)を…
sa i ko u no o mo i de wo
满怀最美的纪念…

夏之忆,泣凋零,彼日花未名

君(きみ)と夏(なつ)の终(お)わり 将来(しょうらい)の梦(ゆめ)
大(おお)きな希望(きぼう) 忘(わす)れない
10年(じゅうねん)後(ご)の8月(はちがつ)
また出会(であ)えるのを 信(しん)じて
最高(さいこう)の思(おも)い出(で)を…

抹不去的怀念

出会(であ)いは ふっとした 瞬间(しゅんかん)
de a i wa fu tto shi ta shu n ka n
偶遇是如此不留心的1弹指间
帰(かえ)り道(みち)の交差点(こうさてん)で
ka e ri mi chi no ko u sa te n de
在回家的十字路口
声(こえ)をかけてくれたね “一绪(いっしょ)に帰(かえ)ろう”
ko e wo ka ke te ku re ta ne i ssho ni ka e ro u
你突然对作者说 「一同回家吧」
仆(ぼく)は 照(て)れくさそうに
bo ku wa te re ku sa so u ni
自家立即脸红心跳
カバンで颜(かお)を隠(かく)しながら
KA BA N de ka o wo ka ku shi na ga ra
不由得用书包遮住脸蛋
本当(ほんとう)は とても とても 嬉(うれ)しかったよ
ho n to u wa to te mo to te mo u re shi ka tta yo
实则心里是多么多么地兴高采烈

已知花意,未闻花名

出会(であ)いは ふっとした 瞬间(しゅんかん)
帰(かえ)り道(みち)の交差点(こうさてん)で
声(こえ)をかけてくれたね 「一绪(いっしょ)に帰(かえ)ろう」

斜阳里的微笑

あぁ 花火(はなび)が夜空(よぞら)
aa ha na bi ga yo zo ra
啊 朵朵烟花在夜空里
きれいに咲(さ)いて ちょっとセツナク
ki re i ni sa i te cho tto SE TSU NA KU
繁花似锦绽放 心头些许感伤
あぁ 风(かぜ)が时间(じかん)とともに 流(なが)れる
aa ka ze ga ji ka n to to mo ni na ga re ru
啊 清劲风随着岁月一同流逝
嬉(うれ)しくって 楽(たの)しくって
u re shi ku tte ta no shi ku tte
喜悦过 欢乐过
冒険(ぼうけん)も いろいろしたね
bo u ke n mo i ro i ro shi ta ne
也曾多次冒险过吧
二人(ふたり)の 秘密(ひみつ)の 基地(きち)の中(なか)
fu ta ri no hi mi tsu no ki chi no na ka
在三人的秘密集散地里

小编们连年在注意错过太多,却非常的大心本身独具多少

仆(ぼく)は 照(て)れくさそうに カバンで颜(かお)を隠(かく)しながら
本当(ほんとう)は とても とても 嬉(うれ)しかったよ

劳燕分飞

君(きみ)と夏(なつ)の终(お)わり 将来(しょうらい)の梦(ゆめ)
ki mi to na tsu no o wa ri sho u ra i no yu me
不论是与你共度的夏日 未来的梦
大(おお)きな希望(きぼう) 忘(わす)れない
o o ki na ki bo u wa su re na i
如故巨大的盼望 笔者决不忘怀
10年后(じゅうねんご)の8月(はちげつ) また出会(であ)えるのを
信(しん)じて
ju u ne n go no ha chi ge tsu ma ta de a e ru no wo shi n ji te
信任10年后的6月 大家还可以够够遇上互相

后天,不是你想要就能有些

あぁ 花火(はなび)が夜空(よぞら) きれいに咲(さ)いて ちょっとセツナク
あぁ 风(かぜ)が时间(じかん)とともに 流(なが)れる
嬉(うれ)しくって 楽(たの)しくって 冒険(ぼうけん)も いろいろしたね
二人(ふたり)の 秘密(ひみつ)の 基地(きち)の中(なか)

四月的清劲风吹散你的泪光

君(きみ)が最后(さいご)まで 心(こころ)から
ki mi ga sa i go ma de ko ko ro ka ra
你自始至终 都在心中
“ありがとう”叫(さけ)んでたこと 知(し)ってたよ
a ri ga to u sa e n de ta ko to shi tte ta yo
呐喊着「多谢」 笔者比哪个人都知道
涙(なみだ)をこらえて 笑颜(えがお)でさようなら
na mi da wo ko ra e te e ga o de sa yo u na ra
强忍泪水 笑着说再见
せつないよね
se tsu na i yo ne
一定非常的痛心吗
最高(さいこう)の思(おも)い出(で)を…
sa i ko u no o moi de wo
怀着最美的回忆…

散文式:
本身是多个时常笑的人,可笔者不是常常开玩笑的人

君(きみ)と夏(なつ)の终(お)わり 将来(しょうらい)の梦(ゆめ)
大(おお)きな希望(きぼう) 忘(わす)れない
10年(じゅうねん)後(ご)の8月(はちがつ)
また出会(であ)えるのを 信(しん)じて
君(きみ)が最後(さいご)まで 心(こころ)から 「ありがとう」
叫(さけ)んでいたこと 知(し)っていたよ
涙(なみだ)をこらえて 笑颜(えがお)でさよなら せつないよね
最高(さいこう)の思(おも)い出(で)を…
あぁ 夏休(なつやす)みも あと少(すこ)しで 终(お)わっちゃうから
あぁ 太阳(たいよう)と月(つき) 仲良(なかよ)くして
悲(かな)しくって 寂(さび)しくって
喧哗(けんか)も いろいろしたね
二人(ふたり)の 秘密(ひみつ)の 基地(きち)の中(なか)
君(きみ)が最後(さいご)まで 心(こころ)から 「ありがとう」
叫(さけ)んでいたこと 知(し)っていたよ
涙(なみだ)をこらえて 笑颜(えがお)でさよなら せつないよね
最高(さいこう)の思(おも)い出(で)を…
突然(とつぜん)の 転校(てんこう)で どうしようもなく
手纸(てがみ) 书(か)くよ 电话(でんわ)もするよ
忘(わす)れないでね 仆(ぼく)のことを
いつまでも 二人(ふたり)の 基地(きち)の中(なか)

深深地记住心间难以忘却

あぁ 夏休(なつやす)みも あと少(すこ)しで
aa na tsu ya su mi mo a to su ko shi de
啊 暑假再过1会便要
终(お)わっちゃうから
o wa ccha u ka ra
落下帷幕

在大家走过的时节里,路旁盛开的繁花也在持续调换,这些季节盛开的花是叫什么来着?轻轻摇荡着,①碰会微微刺痛,靠近壹闻,隐隐有股青涩的日光的气味。那味道慢慢地消灭,大家也在逐步长大。可是,这朵花一定还在某些地方盛开着……对,大家永世都会继续贯彻那朵花的意愿

君(きみ)と夏(なつ)の终(お)わり ずっと话(はな)して
夕日(ゆうひ)を见(み)てから 星(ほし)を眺(なが)め
君(きみ)の頬(ほほ)を 流(なが)れた涙(なみだ)は ずっと忘(わす)れない
君(きみ)が最後(さいご)まで
大(おお)きく手(て)を振(ふ)ってくれたこときっと忘(わす)れない
だから こうして 梦(ゆめ)の中(なか)で ずっと永远(えいえん)に…
君(きみ)と夏(なつ)の终(お)わり 将来(しょうらい)の梦(ゆめ)
大(おお)きな希望(きぼう) 忘(わす)れない
10年(じゅうねん)後(ご)の8月(はちがつ)
また出会(であ)えるのを 信(しん)じて
君(きみ)が最後(さいご)まで 心(こころ)から 「ありがとう」
叫(さけ)んでいたこと 知(し)っていたよ
涙(なみだ)をこらえて 笑颜(えがお)でざよなら せつないよね
最高(さいこう)の思(おも)い出(で)を…
最高(さいこう)の思(おも)い出(で)を…

逝去的前几天

あぁ 太阳(たいよう)と月(つき) 仲良(なかよ)くして
www.041.net ,aa ta i yo u to tsu ki na ka yo ku shi te
啊 太阳和明亮的月请过来啊
悲(かな)しくって 寂(さみ)しくって
ka na shi ku tte sa mi shi ku tte
哀痛难受 寂寞窘迫
喧哗(けんか)も いろいろしたね
ke n ka mo i ro i ro shi ta ne
花哭花瓣飞,与您在那最终的夏日。争吵也曾是平时便饭呢
二人(ふたり)の 秘密(ひみつ)の 基地(きち)の中(なか)
fu ta ri no hi mi tsu no ki chi no na ka
在四个人的神秘营地里

如若能相当短大就好了 可是时光在身后挡住退路

与您在那最后的伏季 抹不去的怀想
斜阳里的微笑 各走各路
十一月的微风吹散你的泪光
深切地记住心间 难以忘却
逝去的后日 最美的期愿
寥寥草草 试卷飞舞 字里行间
昏昏沉沉 之乎者也 乘除加减
你总是如此略带笑着看似在说:“作者在身边……”
答案作者也本想问问你的见地
可面红耳赤心跳加快有口难言
真是的 小编这么 口蜜腹剑会不会被你头疼
啊……夜空绽放的烟花
激起每一个晚秋 总让笔者莫名伤感
时光像风儿同样 悄悄地未有流淌
曙光映彩霞 夕阳茜风中
您牵着自己 走在熟稔的街旁
截止尽头 依依不舍地壹体相拥
与你在那最终的夏季 抹不去的怀恋
斜阳里的微笑 各走各路
十二月的清劲风吹散你的泪光
长远地记住心间 难以忘却
与您许下那最终诺言微笑着分离的伏季
指望与你的重逢 绝不更动
请记得我们终将能够在那漫长的某天再度牵手相见
逝去的今天 最美的期愿
哟……教户外树影悠扬
不放在心上蝉鸣声声
总让自家不住回顾
嘿……就终于月色光芒 阴晴圆缺也忧伤
春樱弱枝头 秋枫碎叶红
自身依偎着 静静在你的怀中
以至尽头 依依不舍地牢牢相拥
与您许下那最终诺言微笑着离别的夏天
仰望与你的重逢 绝不改动
请记得大家终将能够在那绵长的某天再一次牵手相见
逝去的明日 最美的期愿
小日子如梦 从前随风
比不上说说话
您脸颊的眼泪的印迹 心随着起先汹涌
请不要再忘记自个儿 微笑请留下笔者
结束尽头 依依不舍地致密相拥
与你在那最后的夏日 说不清的感怀
听那领会声音 那繁星满天
与你最终的记忆留在指尖
泪浸泡衣襟 永不会遗忘
与您走过那最终时刻 诉说着分离的赠言
恍如梦境一般 不愿再度醒来
哪怕是大海桑田也不能够拦截大家走向重逢那天
与您在那最终的夏日 抹不去的想念
斜阳里的微笑 各奔前程
九月的和风吹散你的泪光
深深地记住心间 难以忘记
与你许下那最终诺言微笑着分离的伏季
希望与您的重逢 绝不变
请记得我们必然可以在那漫长的某天再度牵手相见
逝去的昨日 最美的期愿
逝去的前几日 最美的期愿

最美的期愿

君(きみ)が最后(さいご)まで 心(こころ)から
ki mi ga sa i go ma de ko ko ro ka ra
你自始至终 都在心中
“ありがとう” 叫(さけ)んでたこと 知(し)ってたよ
a ri ga to u sa ke n de ta ko to shi tte ta yo
呐喊着「感谢」 作者比什么人都清楚
涙(なみ)をこらえて 笑颜(えがお)でさようなら
na mi da wo ko ra e te e ga o de sa yo u na ra
强忍泪水 笑着说再见
せつないよね
se tsu na i yo ne
必然异常的疼楚吗
最高(さいこう)の思(おも)い出(で)を…
sa i ko u no o mo i de wo
怀着最美的记忆…

时光再美,怎如初见

面麻…面麻还想再和豪门在一同
再在壹块儿玩
从而 笔者要转世
再和我们…一同
所以
仁太 别哭了哦 告别了哦

一身草草试卷飞舞字里行间

突然(とつぜん)の 転校(てんこう)で どうしようもなく
to tsu zen no te n ko u de do u shi yo u mo na ku
黑马的转学 互相都无法
手纸(てがみ) 书(か)くよ 电话(でんわ)もするよ
te ga mi ka ku yo de n wa mo su ru yo
小编会写信 也会给你通话
忘(わす)れないでね 仆(ぼく)のことを
wa su re na i de ne bo ku no ko to wo
因而相对不要忘记小编
いつまでも 二人(ふたり)の 基地(きち)の中(なか)
i tsu ma de mo fu ta ri no ki chi no na ka
本身恒久都在多人的集散地之中
君(きみ)と夏(なつ)の终(お)わり ずっと话(はな)して
ki mi to na tsu no o wa ri zu tto ha na shi te
与你共度的夏末 无话不谈
夕日(ゆうひ)を见(み)てから星(ほし)を眺(なが)め
yu u hi wo mi te ka ra ho shi wo na ga me
从观日落到望星辰
君(きみ)の頬(ほほ)を 流(なが)れた涙(なみだ)は
ずっと忘(わす)れない
ki mi no ho ho wo na ga re ta na mi da wa zu tto wa su re na i
划过你双颊的泪珠 小编永不忘怀
君(きみ)が最后(さいご)まで
ki mi ga sa i go ma de
你自始至终
大(おお)きく手(て)を振(ふる)ってくれたこと
o o ki ku te wo fu ru tte ku re ta ko to
都不停向自家挥手
きっと忘(わす)れない
ki tto wa su re na i
自家肯定不会遗忘
だから こうして 梦(ゆめ)の中(なか)で
da ka ra ko u shi te yu me no na ka de
由此 愿壹如既往 留在自家梦里
ずっと永远(えいえん)に…
zu tto e i e n ni

与你一块的极度夏日已经终止 以后的梦想 一齐许下的希望 笔者永生难忘
10年之后的六月 请相信我们确定能再见

面麻…
果不其然还是笑了

昏昏沉沉之乎者也算算加减

君(きみ)と夏(なつ)の终(お)わり 将来(しょうらい)の梦(ゆめ)
ki mi to na tsu no o wa ri sho u ra i no yu me
不论是与你共度的夏天 以后的梦
大(おお)きな希望(きぼう) 忘(わす)れない
o o ki na ki bo u wa su re na i
要么巨大的企盼 小编决不忘怀
10年后(じゅうねんご)の8月(はちげつ) また出会(であ)えるのを
信(しん)じて
ju u ne n go no ha chi ge tsu ma ta de a e ru no wo shi n ji te
深信不疑10年后的二月 大家还是能够遇上竞相

花固然凋零了只剩余淡淡的香气,也会偏向太阳散发出香气

您总是如此略带笑着近乎在说

君(きみ)が最后(さいご)まで 心(こころ)から
ki mi ga sa i go ma de ko ko ro ka ra
你自始至终 都在心头
“ありがとう”叫(さけ)んでたこと 知(し)ってたよ
a ri ga to u sa e n de ta ko to shi tte ta yo
呐喊着「感激」 我比何人都驾驭
涙(なみだ)をこらえて 笑颜(えがお)でさようなら
na mi da wo ko ra e te e ga o de sa yo u na ra
强忍泪水 笑着说再见
せつないよね
se tsu na i yo ne
一定很悲哀吗
最高(さいこう)の思(おも)い出(で)を…
sa i ko u no o moi de wo
怀着最美的回忆…

夏日,那几个清夏,还有异常夏日,纵然经历重重次夏季,作者也许说不出口

自己在身边

最高(さいこう)の思(おも)い出(で)を
sa i ko u no o mo i de wo
怀着最美的回忆…

与你在那最后的伏季,抹不去的感怀,斜阳里的微笑,分路扬镳,十一月的清劲风吹散你的泪光,深深的时刻思念心间难以忘记

答案小编也本想问问你的思想

专辑:
ZONEトリビュート~君がくれたもの~
歌手:
Zone
来源:
Zone
君と夏の終わり 将来の夢
【那一个有您的夏日 以往的企盼】
大きな希望 忘れない
【一起许下的希望 笔者恒久铭记】
10年後の8月
【10年过后的7月】
また出会えるのを 信じて
【请相信大家断定能再见】
最高の思い出を
【给自个儿一份最美的追忆吧…】
出会いは ふっとした 瞬間
【初次邂逅 是个不留神的1须臾】
帰り道の交差点で
【放学路上 和你相逢十字路口】
声をかけてくれたね “一緒に帰ろう
【你对自身打声招呼 诚邀作者顺道回家】
僕は 照れくさそうに カバンで顔を隠しながら
【作者羞得不知所厝 用书包遮住脸颊】
本当は とても とても 嬉しかったよ
【其实心里 从未有过那样喜欢】
あぁ 花火が夜空 きれいに咲いて ちょっとセツナク
【烟花在夜空中绚烂绽放 莫明感伤】
あぁ 風が時間とともに 流れる
【时光就好像风儿同样 匆匆流逝】
嬉しくって 楽しくって冒険も いろいろしたね
【多少娱心悦目的作陪 多少欢娱的铤而走险】
二人の秘密の基地の中
【都在属于您自己的 秘密营地中】
君と夏の終わり 将来の夢
【那个有你的夏日 现在的盼望】
大きな希望 忘れない
【一起许下的指望 小编永远难忘】
10年後の8月
【10年现在的六月】
また出会えるのを 信じて
【请相信我们一定能再见】
君が最後まで 心から “ありがとう”叫んでたこと
【直到最后 你都发自肺腑地诉说着感谢】
知ってたよ
【其实自身早已驾驭】
涙をこらえて 笑顔でさようなら せつないよね
【含重点泪强颜欢笑的道别 是多不轻松】
最高の思い出を
【给自个儿一份最美的想起吧…】
あぁ 夏休みも あと少しで 終わっちゃうから
【那几个暑假的时节 也已经寥寥无几】
あぁ 太陽と月 仲良くして
【愿太阳和明月 能够特出相伴】
悲しくって 寂しくって 喧嘩も いろいろしたね
【也曾有难受寂寞 也曾有争吵争辨】
二人の 秘密の 基地の中
【都在属于你本身的 秘密集散地中】
君が最後まで 心から “ありがとう” 叫んでたこと
【直到最后 你都发自肺腑地诉说着谢谢】
知ってたよ
【其实本人一度通晓】
涙をこらえて 笑顔でさようなら せつないよね
【含着泪花强颜欢笑的道别 是多不易于】
最高の思い出を…
【给本身壹份最美的回想吧…】
突然の 転校で どうしようもなく
【突出其来的转学 笔者也无从】
手紙 書くよ 電話もするよ
【笔者必然会给您来信 给你打电话】
忘れないでね 僕のことを
【你势必毫无忘了本人】
いつまでも 二人の基地の中
【无论曾几何时 都要记得大家的潜在营地】
君と夏の終わり ずっと話して
【与您在夏天最后 说不完的话】
夕日を見てから星を眺め
【看那夕阳西下 看那繁星漫天】
君の頬を 流れた涙は ずっと忘れない
【你脸颊滑落的泪花 小编恒久不会忘记】
君が最後まで 大きく手を振ってくれたこと
【直到最终 你都忙乎挥起先为自家送行】
きっと忘れない
【小编又怎么会遗忘】
だから こうして 夢の中で ずっと永遠に
【要是那是一场梦 能或不可能永久不要醒】
君と夏の終わり 将来の夢
【那个有您的夏日 以往的梦想】
大きな希望 忘れない
【一齐许下的企盼 作者恒久铭记在心】
10年後の8月
【10年过后的10月】
また出会えるのを 信じて
【请相信大家终将能再见】
君が最後まで 心から “ありがとう” 叫んでたこと
【直到最后 你都发自肺腑地诉说着多谢】
知ってたよ
【其实小编早就知道】
涙をこらえて 笑顔でさようなら せつないよね
【含着泪花强颜欢笑的道别 是多不易于】
最高の思い出を
【给自个儿1份最美的回顾…】
最高の思い出を
【给自家壹份最美的追思…】

花的冬日,人的冬天,但是在冬季来临从前,有一朵花忽略了季节的月季,天真地哼着歌
品绿的花儿翩然降临在三个属于他们的私人住房营地

可面红耳赤心跳加快有口难言

只可以在回看里望着你,希望回忆中的你不要离小编远去

就是的自个儿那样

“我们”的意思,不是像团子一样的壹团,而是像米饭那样,一粒一粒稀稀拉拉的,却连连凑在一同

面从腹诽会不会被您看不惯

尤新:
依照自身的选项来生存
是送给自身最棒的赠礼

嗬夜空绽放的烟火

舞花:
日子的暖,漫过时间的河,抚过久闭的心目,小编在时刻斑驳深处,聆听到花开的音响

燃放每种初冬

总让自个儿莫名伤感

时刻像风儿同样

背后地消灭流淌

晨光映彩霞

晚年茜风中

你牵着自己走在熟习的街旁

以致于尽头

依依地1体相拥

与你在那最终的朱律

抹不去的怀想

斜阳里的微笑各奔前程

11月的和风吹散你的泪光

深远地记住心间难以忘却

与您许下那最终诺言

微笑着分离的伏季

愿意与您的重逢

决不改换

请记得我们必然能够在那

永恒的某天再度牵手相见

逝去的后日

最美的期愿

咦教户外树影悠扬

不留神蝉鸣声声

总让本人不住回看

啊即正是月色光芒

阴晴圆缺也哀痛

春樱弱枝头

秋枫碎叶红

本身依偎着

夜阑人静在你的怀中

以致于尽头

依依地连贯相拥

与您许下那最终诺言

微笑着离别的夏天

期待与你的重逢

不要改造

请记得大家一定能够在那

悠久的某天再一次牵手相见

逝去的昨日

最美的期愿

生活如梦

往年随风

比不上说出口

您脸颊的泪水印迹

心随着早先汹涌

请不要再忘记本人

微笑请留下自身

以至于尽头

留恋地牢牢相拥

与你在那最后的夏季

说不清的感怀

听那熟练声音

那繁星满天

与你最后的追忆留在指尖

泪浸泡衣襟

不用会忘记

与您走过那最终时刻

诉说着离别的赠言

好像梦境一般

不愿再度醒来

即正是大洋桑田也不能够

掣肘我们走向重逢那天

与你在那最终的三夏

抹不去的记挂

斜阳里的微笑

形同陌路

八月的微风吹散你的泪光

深深地记住心间

麻烦忘记

与你许下那最终诺言

微笑着离别的夏日

目的在于与你的重逢

绝不改造

请记得大家一定可以在那

久而久之的某天再一次牵手相见

逝去的昨日

最美的期愿

逝去的今日

最美的期愿

Your Comments

近期评论

    功能


    网站地图xml地图